How to spend seven hours
PLAY VIDEO

How to spend seven hours

Stop Motion Animation /

蚊取り線香と3Dプリントされたモデルを使用したストップモーションアニメーション。 現実のある時間を切り取り、別の時間を構築するというストップモーション特有の技法に着目し、一定の割合で変化していく物体をストップモーションの中に置くことで、切り取られる前の時間の経過を内包するアニメーションを試みている。1コマの中に凝縮された実際の撮影に要した時間は、蚊取り線香の燃焼速度の変化という目に見える事象によってレコードのように記録され、ストップモーション時間の中においても知覚可能である。本作の中では異なる3つの時間軸(現実の時間、ストップモーションの時間、本を読むキャラクターが体感している時間)が提示され、それぞれの時間が物語のメタファーとして機能しながら、線香が燃焼するまでの7時間を異なる視点から描 く。
How to spend seven hours is an stop motion animation using 3D printed models and a mosquito coil. This work focuses in a specific technique of stop motion, which cuts out an actual time and constructs another time. By placing an object changing at a constant rate, the animation contains an actual time before cutting out in itself. The time taken for the shooting one frame is recorded as a visible phenomenon such as changes in the burning rate of the mosquito coil, and it can be perceived even in the stop motion sequence. That is like a disk record. In this work, three different time axes ——an actual time, a stop motion time, a time that the character experiences while reading the book—— are presented. They start to function as a metaphor of the story and depict the seven hours with different perspectives.