Living People in Sandbox
PLAY VIDEO

Living People in Sandbox

Installation /

『サンドボックスの住人』は、映像を映すモニタと展示場所に置かれた無機質な壁で構成されるインスタレーションである。 映像には一人の女性が映し出されており、向かいの壁の中からは男性の話し声が聞こえている。鑑賞者は異なる2つのオブジェクトの関係性がつかめないまましばらく映像を鑑賞することになる。その後、女性が携帯電話を取り出し誰かに電話をかけると、壁の向こうの男性に繋がり、二人の会話が始まる。最後に突然、女性は鑑賞者の方を向き「あの人今何してる?」と尋ねる。 サンドボックス(砂場)はコンピュータの用語で検証用に仮想的に構築された閉鎖環境のことを指す。砂場の中でいかなる危険な事態が起きようとも外部に影響することはない、ということである。メディア装置においても、同様のことが言えるのではないか。四角く切り取られたモニタの向こう側でいかなる事態が起きようとも、我々には無害である。本作ではその安全地帯がある瞬間に踏み越えられることで、異なるメディアと鑑賞者の間に特異な関係を結ぶ試みである。
“Sandbox resident” is an installation consisting of a monitor for video viewing and an inorganic wall placed in the exhibition space. The video shows a woman, and the male voice is heard from inside the wall that locates near the monitor. The viewer will appreciate the video for a while without knowing the relationship between the two different objects. After that, when a woman takes out a mobile phone and calls someone, it connects to a man behind the wall and their conversation starts. Suddenly at the last, the woman turns towards the viewer and asks “What is he doing now?” The sandbox refers to a closed environment that is virtually constructed for verification in computer terms. No matter what kind of dangerous situation occurs in the sandbox, it will not affect the outside. The same thing can be said for media devices as well. Whatever happens inside the media space, it is harmless to us. This work is attempt to connect a unique relationship between media devices and viewers at the moment that a closed media steps over the safety area.