Still, seems to be myself
PLAY VIDEO

Still, seems to be myself

Installation,Interactive Art /

『まだ自分である』は編集された映像とライブカメラを用いたインスタレーションである。 ライブの映像、とりわけ自身が写っている映像は他のどのメディアよりも現実であるという信憑性を保証しているように見える。本作はライブ映像を時間的、空間的整合性のない編集された映像の中に混在させることで、映像に対する人々の真偽性、リアリティの所在に揺らぎを与える試みである。 鑑賞者は自身の存在を担保していたはずの映像が、創作物である短編映像の中に一方的に介入している光景を目撃する。そこでは映像が常に支配的立場にあり、鑑賞者の意図とは無関係に、映像素材としてそのイメージが利用される。そこには被写体として拘束された鑑賞者と映像、またはその目撃者と映像というそれぞれの立場において、固有のナラティブが形成される。それらは 鑑賞者自身の脳裏で独立した一つのシーケンスとして捏造されてゆく。
Still, seems to be myself is an interactive installation using an edited film and a live camera. Live viewing media, especially one with self image, looks like most credible image that provide the existence of own self. This work tries to shake ones authenticity in the video image and existence of reality through the insertion of a live video into an edited film that has no consistency temporally and spatially. The viewer observes a spectacle that one’s own live video, originally has secured self existence, intervenes in a fictional short film one-sidedly without own agreement. In this installation, the film has all authority of control and it uses a live image as a material of the scene independently against the viewer’s intention. It occurs noble narrative between captured viewer and the film or observer of them and the film. Therefore, those are fabricated as independent sequences in viewer’s mind.